後遺症はどう決める

交通事故の後遺症では等級が認定されて初めて後遺障害として認められることになり、それによって示談金なども違ったものとなってきます。では、重要なポイントとなる後遺症の等級はどのように決めるのかというと事前認定と被害者請求の二通りがあります。

事前認定は加害者側の自動車保険会社が行ってもらう方法となり、被害者請求は被害者が申請する方法となります。簡単にできるとなると保険会社にお願いする方法である事前認定となりますが、この場合は加害者側の保険会社が手続きを行うことになりますから不安も残るものとなることもあります。

被害者請求に関しては自分できちんと書類を整えて行うことになりますから自分の言い分をきちんと申請に生かすことができ方法となります。もちろん適切な書類を準備するのは大変なことになりますし、時には等級認定されないような可能性もでますが弁護士にお願いすればポイントを抑えた申請を行うことができますから心配ないでしょう。

自分で行う被害者請求の方法をとるのであれば知識のある弁護士にお願いした方が安心です。相手の保険会社の方でやってくれると申し出るようなことがあってもここは落ち着いて検討することが大切です。少なくとも後遺症がある場合にはそれだけでも大きなストレスとなりますからそれに見合っただけの補償を受けることができる方法をとることが必要です。

交通事故後遺症等級

交通事故で後遺症があるような場合にはその後遺症で等級を認定して初めて示談交渉でどのくらいの補償が必要となるのかが決まってきます。後遺症の等級を認定するのは自賠責調査事務所となり、自賠責調査会社とは損保料率機構の下部組織となっています。ここで等級の認定がされれば後遺障害として認められたということになります。後遺障害等級は1級から14級までに分かれておりさらに1級と2級に関しては要介護であるのかそうでないのかで分かれています。

もっとも軽いものというと14級となりますが、その内容は眼のまぶたの一部を欠損した、まつげはげを残すことになった3本以上の歯に歯科補を加えたといったものとなってきます。一つの等級の中にもより詳しくその内容が定められています。それに従って等級が認定されることで補償にも大きな違いが出てきますから後遺症の等級は、とても重要なポイントになってきます。

もちろん等級が少しでも上がって補償を大きくしたいという気持ちもあるでしょうが、何よりもまずは後遺症に見合った補償を受けることになりますからあまり無理をするようなことはやめておきましょう。認定を行うのは中立の立場の機関となりますが、等級の認定を申請するのは加害者側でも被害者でもできますから申請を行う際には注意が必要となります。

交通事故の後遺症

交通事故の後遺症はよく聞くことのあることですが実際にどのようなものかということはよくわかっていないという人も多いようです。交通事故の後遺症とは、交通事故によって負った怪我などによって治療を行っても治らないことを後遺症といいます。ただし後遺症であればどんなものでも後遺症として補償を受けることができるというものでもなく補償を受けることができる後遺症はまた違ったものとなってきますから注意が必要です。

後遺症として保険金を支払ってもらうためには後遺障害として認められることが必要となります。後遺障害として認めてもらうためにはまずは後遺症必要となりますから治療を行っても治らずこれ以上治療を行ってもよくならない症状固定となったことを医師が判断することになります。その上で自賠責調査事務所に後遺障害等級の認定申請を行って決定された等級によって補償金額が決まってくることになります。

つまり後遺症と認めてもらうためにはまずは治療を行いこれ以上治療することができないとなるまでは判断することができないということになります。時には交通事故の後首などに違和感を感じて後遺症だと勝手な判断を行うようなことも考えられますがこれは後遺症とは言えません。きちんと医療機関によって認定されることが必要となります。後遺症のことも考えても交通事故にあった際には必ず医療機関を受診しておくようにしておくことが必要です。これは警察への報告も同じことが言えます。交通事故は一度物損事故として処理されたものを人身事故に変更することはあまり喜ばれることではありませんから交通事故によって後遺症が残るようなことも考えると最初の処理をきちんとしておくことが大事なポイントになってきます。