後遺症はどう決める

交通事故の後遺症では等級が認定されて初めて後遺障害として認められることになり、それによって示談金なども違ったものとなってきます。では、重要なポイントとなる後遺症の等級はどのように決めるのかというと事前認定と被害者請求の二通りがあります。

事前認定は加害者側の自動車保険会社が行ってもらう方法となり、被害者請求は被害者が申請する方法となります。簡単にできるとなると保険会社にお願いする方法である事前認定となりますが、この場合は加害者側の保険会社が手続きを行うことになりますから不安も残るものとなることもあります。

被害者請求に関しては自分できちんと書類を整えて行うことになりますから自分の言い分をきちんと申請に生かすことができ方法となります。もちろん適切な書類を準備するのは大変なことになりますし、時には等級認定されないような可能性もでますが弁護士にお願いすればポイントを抑えた申請を行うことができますから心配ないでしょう。

自分で行う被害者請求の方法をとるのであれば知識のある弁護士にお願いした方が安心です。相手の保険会社の方でやってくれると申し出るようなことがあってもここは落ち着いて検討することが大切です。少なくとも後遺症がある場合にはそれだけでも大きなストレスとなりますからそれに見合っただけの補償を受けることができる方法をとることが必要です。