交通事故後遺症等級

交通事故で後遺症があるような場合にはその後遺症で等級を認定して初めて示談交渉でどのくらいの補償が必要となるのかが決まってきます。後遺症の等級を認定するのは自賠責調査事務所となり、自賠責調査会社とは損保料率機構の下部組織となっています。ここで等級の認定がされれば後遺障害として認められたということになります。後遺障害等級は1級から14級までに分かれておりさらに1級と2級に関しては要介護であるのかそうでないのかで分かれています。

もっとも軽いものというと14級となりますが、その内容は眼のまぶたの一部を欠損した、まつげはげを残すことになった3本以上の歯に歯科補を加えたといったものとなってきます。一つの等級の中にもより詳しくその内容が定められています。それに従って等級が認定されることで補償にも大きな違いが出てきますから後遺症の等級は、とても重要なポイントになってきます。

もちろん等級が少しでも上がって補償を大きくしたいという気持ちもあるでしょうが、何よりもまずは後遺症に見合った補償を受けることになりますからあまり無理をするようなことはやめておきましょう。認定を行うのは中立の立場の機関となりますが、等級の認定を申請するのは加害者側でも被害者でもできますから申請を行う際には注意が必要となります。