交通事故の後遺症

交通事故の後遺症はよく聞くことのあることですが実際にどのようなものかということはよくわかっていないという人も多いようです。交通事故の後遺症とは、交通事故によって負った怪我などによって治療を行っても治らないことを後遺症といいます。ただし後遺症であればどんなものでも後遺症として補償を受けることができるというものでもなく補償を受けることができる後遺症はまた違ったものとなってきますから注意が必要です。

後遺症として保険金を支払ってもらうためには後遺障害として認められることが必要となります。後遺障害として認めてもらうためにはまずは後遺症必要となりますから治療を行っても治らずこれ以上治療を行ってもよくならない症状固定となったことを医師が判断することになります。その上で自賠責調査事務所に後遺障害等級の認定申請を行って決定された等級によって補償金額が決まってくることになります。

つまり後遺症と認めてもらうためにはまずは治療を行いこれ以上治療することができないとなるまでは判断することができないということになります。時には交通事故の後首などに違和感を感じて後遺症だと勝手な判断を行うようなことも考えられますがこれは後遺症とは言えません。きちんと医療機関によって認定されることが必要となります。後遺症のことも考えても交通事故にあった際には必ず医療機関を受診しておくようにしておくことが必要です。これは警察への報告も同じことが言えます。交通事故は一度物損事故として処理されたものを人身事故に変更することはあまり喜ばれることではありませんから交通事故によって後遺症が残るようなことも考えると最初の処理をきちんとしておくことが大事なポイントになってきます。